日本におけるマイランの歩み

マイランの日本における歴史は、マイランがドイツのメルクKGaAを買収した2007年に開始しました。2008年にはメルク製薬株式会社が「マイラン製薬株式会社」に名称を変更して、ジェネリック医薬品を中心にした事業を展開しています。また、2015年にはアボット  ジャパン株式会社のEPD医薬品事業部が「マイランEPD合同会社」となってファミリーに加わり、エスタブリッシュ医薬品を中心に事業を展開しています。現在、日本国内では2社で1,000名以上の従業員を擁し、1人1人が「世界70億の人々に高品質な医薬品をお届けする」というマイランのミッション達成に向け日々献身しています。

マイランEPD合同会社

アボット ジャパン株式会社EPD医薬品事業部は、マイラン社によるアボット社の日本を含む米国以外の先進国市場のスペシャリティおよびブランドジェネリック事業の統合に伴い、2015年に「マイランEPD合同会社」として事業を開始しました。
日本においては消化器系領域、呼吸器系・感染症領域、ウィメンズヘルスを中心に医療用医薬品の製造、流通および販売とマーケティングに従事しています。世界有数のグローバル医薬品企業であるマイランの一員として、こらからも日本の患者様にマイランEPDの製品をお届けしていきます。

  • 本田 明彦

    • 本田 明彦
      社長

      マイランEPD合同会社

      本田明彦は、2012年3月にEPD医薬品事業部長としてアボット ジャパン株式会社に入社後、アボット ジャパンの取締役副社長としてEPD医薬品事業部を主導し、当該事業部の分社に伴い新たに設立されたマイランEPD合同会社の社長に就任しました。
      東京大学を卒業後、米コンサルティング会社のマッキンゼー、米アラガン日本法人の社長、GSK日本法人のスペシャリティーケア・フランチャイズ部門長、マイラン製薬の社長を歴任しています。

  • 年表

    1983年 (旧)(株)ダイナボットRI研究所・(旧)日本アボット(株)・(旧)アボット(株)の3社が合併し、(旧)ダイナボット(株)設立
    1991年 マクロライド系抗生物質「クラリシッド®」発売
    1998年 経皮呼吸型・気管支拡張剤「ホクナリン®テープ」発売(北陸製薬(株))
    2003年 (旧)ダイナボット(株)と(旧)北陸製薬(株)が合併し、アボットジャパン(株)設立
    2011年 アボット社が(旧)ソルベイ製薬(株)を買収
    2012年 慢性便秘症治療薬「アミティーザ®」発売
    2014年 レトロ・プロゲステロン製剤「デュファストン®」の製造販売承認を第一三共(株)から承継
    2015年 アボット ジャパン(株)からの会社分割により、マイランEPD合同会社として事業開始
  • 会社概要

    会社名 マイランEPD合同会社(Mylan EPD G.K.)
    本社 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2
    設立 2014年9月22日
    事業開始 2015年1月1日
    社長 本田明彦
    従業員数 約950名
    資本金 1億円
    事業内容
    医療用医薬品の製造、輸入、輸出、販売、ライセンス供与
    生産拠点 勝山事業所
  • 勝山事業所

    勝山事業所は福井県勝山市に所在し、マイランEPDの日本市場における医薬品の生産拠点です。 勝山工場では、きれいな環境と繊維産業の隆盛期からの良い働き手に支えられ、1920年の創業(当時、北陸衛生化学実験所)以来、原料から最終製品までの医薬品の一貫製造を行っています。 グローバル基準に基づく品質管理システムにより、高品質な医薬品を安定供給するとともに、お客様に満足していただける顧客サービスを図っています。
  • 製造設備能力(年間)

    • 錠剤(フィルムコート錠、糖衣錠、素錠) :20億錠
    • カプセル剤: 5億カプセル
    • 散剤、ドライシロップ剤、頼粒剤、細粒剤:300t
    • シロップ剤:700キロリットル
    • 軟膏剤・クリーム剤:80t
    • 坐剤:4000万個

マイラン製薬株式会社

日本におけるジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとして、約300の製品を取り扱っています。マイラン製薬は、前身企業を含めると60年以上にわたり日本での操業を続けており、2012年にファイザーと締結した「日本市場のジェネリック医薬品における独占的な長期戦略的業務提携」にもとづき、他に類を見ないビジネスモデルで、日本中に高品質な医薬品を安定的にお届けしています。マイラン製薬は、グローバルの研究開発および製造ネットワークの重要な1拠点として、埼玉県川越市に工場・研究所を擁し、日本国内で研究開発から製造、ロジスティックス、販売まで、製薬会社としてのフルキャパシティを有しており、毎年数十にのぼる新製品の製造承認販売を受け、必要とされる医薬品をいち早く患者様の元にお届けしています。

  • ランディー・スタインロフ

    • ランディー・スタインロフ
      代表取締役社長

      マイラン製薬株式会社

      ランディー・スタインロフは、2010年7月にファイナンス&ITのヴァイス・プレジデントとしてマイラン製薬(東京)に入社後、2012年8月に代表取締役社長に就任しました。25年以上にわたり主にヘルスケア産業において、ファイナンス、IT、人事、総務など多数の領域の業務を歴任し、過去には10年以上のフランスでの勤務や、中国、スペインでの短期駐在も経験しています。 マイラン以前には、ボストン・サイエンティフィック日本法人のファイナンス・ヴァイス・プレジデント、テレコム機器メーカーであるアルカテルのフランス法人でのファイナンス要職および日本法人の社長、GEメディカルシステムズのフランス法人でのファイナンス要職を歴任しています。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で学士、サウスカロライナ大学コロンビア校で国際ビジネス学修士号を取得。東京在住。

  • 年表

    1950 保栄薬工株式会社 設立
    1991 藤沢アストラ株式会社に保栄事業部として統合
    1992 アストラ・ジャパン株式会社保栄事業部に社名変更
    1998 メルク・ホエイ株式会社設立
    2005 株式会社模範薬品研究所を合併
    2006 メルク製薬株式会社設立
    2007 マイランが独メルクのジェネリックス部門を統合
    2008 マイラン製薬株式会社設立
    2012 マイランがファイザーと日本のジェネリック医薬品に関する独占的な長期戦略的業務提携を締
                結
最終更新日  2015/11/01