ジェネリック医薬品(マイラン製薬)

ジェネリック医薬品(マイラン製薬)

マイラン製薬は日本のジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとして、幅広い疾患領域をカバーする約300種類の製品を擁しています。2012年にファイザーと締結した「日本のジェネリック医薬品独占的な長期戦略的業務提携」に基づき、日本におけるジェネリック医薬品の多くは、マイランが主に研究開発および製造を担当し、ファイザーが主にマーケティングおよび販売を担当しています。日本政府の使用促進を受け、急増するジェネリック医薬品への需要にお応えすることで、日本の医療費削減に貢献するとともに、2014年には腎性シスチン症を適応とする希少疾病用医薬品を上市するなど、革新的な技術でアンメットニーズ(満たされない医療上のニーズ)にお応えしています。

ジェネリック医薬品 4つの理由

最終更新日  2015/11/01